長崎総合科学大学(旧:長崎造船大學)工学部 船舶工学コース  
《 定年退職(March 2023)に伴い,
   研究室を自宅に移し,理論研究は,鋭意!続行中です.
    HomePage も リニューアルして,ここに↓お引越してきました... 》

 水面波動力学HORI 研究室 〈→ 研究室・紹介パネル〉
  ( HORI's Laboratory of Ship Waves and Hydrostatic Stability in Japan )

  Ship Wave's HORI Laboratory NiAS 網場丸 愛美の成長記録
  堀  勉  <ホリ ツトム> 名誉教授工学博士 (大阪大學造船学:1987(昭和62)年)
        教務部長(Apr. 2015〜Mar. 2019)や 工学部長(Apr. 2021〜Mar. 2022)を していたので,
          学生諸君  “ 学び が 進む!” よう,支援しています.
          E-mail : milky-jun_0267.h@mxb.cncm.ne.jp

東イタリアのアルプス山脈.png

【 プロフィール 】
   Portrait of Tsutomu and Manami HORI in ALPS    閲 覧 回 数 ( from May 2023 )
    
27 May 2024 更新 》〈 → 更新履歴 〉

愛美 の 訓練:フリスビー, ダンベル持来  

《 ← クリック
すると,似顔絵拡大します. 》  

1958 (昭和33) 年 月 生まれ 愛知県 一宮市 出身 〈→ FamilyHomePageAlbum

ライフスタイル … CollieShepherd と共に暮らすこと.
          〈→ 紹介記事CDX-1次CDX-2次 WD-1枚目WD-2枚目BOS G-CHLongevity
九州各地の Dog Show に参加すること.〈→ 日本Collieクラブ 家庭犬訓練資格 審査員訓練 TV
George Harrison While My Guitar Gently Weeps My Sweet Lord

本学の印象(Apr. 1991〜Mar.2023)… 山海に囲まれた地に在り,落ち着いて学問できる環境にある.
ニュース(31 May 2023)名誉教授 の 称号 を, 授与して頂きました.What's New 掲載記事 は, こちら...
ニュース(24 May 2024)オープンキャンパス の 案内 に, “船体復原論” の 板 書(Simpsonの積分法則)が 掲載
                                 されました.→ その 案内 は, こちら...


【   】 〈→ 研究論文リスト+論文Pdf〉 〈→ 巻頭言「美しい論文」〉
                 【 NiAS 新技術創成研究所 所報 第17号(令和4年3月)

“ 船 や 水中翼 によって生成される 水面波動 の 流力特性 に関する 理論解析 と
       造船学(浮体静力学)の 基礎理論 に対する 新展開 ”


1.斜航する船に働く造波横力の理論解析
2.船体斜航時に生成される非対称流場に対する新しい波形解析法の開発
3.渦システムによる造波グリーン関数を導入した
    定常揚力面の数値解析 (下の左図↓をクリックすると,論文Pdfを表示します.)
渦システムによる造波グリーン関数を導入した定常揚力面の数値解析  停留位相法による船の波の計算
  日本船舶海洋工学会 論文集 Vol. 175          日本航海学会No. 190

4.船や水中翼が生成する波動場(Kelvin波)の
    数値シミュレーション (上の右図↑をクリックすると,論文Pdfを表示します.)
5.空中渦による水面の造波グリーン関数を導入した 3D-WIG の空力特性の解析

6.造船学(浮体静力学)の 基礎理論 に対する 新展開

  『 浮体静力学基礎理論に対する新展開 』の集大成の 論文(← 論文は,以下をクリック ↓ 104 ページ)
     ● “ Theoretical Hydrostatics of Floating Bodies
         ─ New Developments on the Center of Buoyancy,
              the Metacentric Radius and the Hydrostatic Stability ─
(Ver.4)

                                     《 → 欧文バージョン は,こちらクリック!

  メタセンター半径 BM 導出 の 新理論(← 論文は,左をクリック)(左下↓の図)

     ●「 メタセンター半径 」を 導出する 講義動画(前半:約63分)は,こちらクリック!
     ●「 メタセンター半径 」を 導出する 講義動画(後半:約82分)は,こちらクリック!

     ● “ A New Theory on the Derivation of Metacentric Radius
            Governing the Stability of Ships
      《 → 欧文バージョン は,こちらクリック!

   『 浮心=圧力中心 』の 証明(← 論文は,左右をクリック →) @ 矩形断面A 任意の断面形状B 半没円柱
                      (右下↓の図) C 矩形断面に対する別証明D 三角柱E 没水円柱
                            F 任意形状の没水体 G 任意形状の浮体に対する別証明


     ● “ Proof that the Center of Buoyancy is Equal to the Center of Pressure
         by means of the Surface Integral of Hydrostatic Pressure Acting on the Inclined Ship

                                        《 → 欧文バージョン は,こちらクリック!

        【 → “ Center of Buoyancy ”Google 検索で,1位ランクされる♪ 】(June 2022)
        【 → “ Center of Buoyancy ”Microsoft Bing 検索で,1位 & 2位ランクされる♪ 】(April 2023)

     ●「 浮心=圧力中心 」を 証明する 講義動画(前半:約79分)は,こちらクリック!
     ●「 浮心=圧力中心 」を 証明する 講義動画(後半:約88分)は,こちらクリック!


    ● “ Proof that the Center of Buoyancy is Equal to the Center of Hydrostatic Pressure
         (Part 2:) Semi-Submerged Circular Cylinder and Triangular Prism

                                《 → 欧文バージョン は,こちらクリック!
    ● “ Proof that the Center of Buoyancy is Equal to the Center of Hydrostatic Pressure
         (Part 3:) Submerged Circular Cylinder and Arbitrary Shaped Submerged Body

                                《 → 欧文バージョン は,こちらクリック!

 BM導出の新理論  「浮心=圧力中心」の証明
   日 本 航 海 学 会No. 200( BM 導出の新理論 )      舟 艇 技 報 No. 135(「浮心=圧力中心」の証明 )


7.移動攪乱源の時間積分に対する停留位相法を適用した,旋回する船の起こす波の計算
8.停留位相法による船の波に関するKelvin波とHogner波の接続解



【 学生へのメッセージ 】 〈→ 研究紹介パンフ〉 〈→ 船舶工学コースの紹介記事〉
                  【 日本航海学会誌 NAVIGATION 第215号(令和3年1月)

“ 集まれ!数学好き の 学生達 (^.^) ”   〈→ NiAS セミナー“ 数学で語る 船の波 ” パンフ 資 料下の写真↓
                  〈→ 工学概論“ 数学で語る 船の波安定性 ” 配布資料 講義スライド
                  “ 贈る言葉 ”卒業する学生達(担任するクラス)に向けて...

● 船の安定性理論 も,学べます!
    下の説明図↓は,クリックすると,拡大します...
      Kelvin 波

   県内の高校生の探究学習に対して,オンラインで実施した,
   船の安定性理論」に関するゼミナール動画 (15分)《 ← クリック!
  ⇒ 上図の「安定条件」を求める理論を説明する回の,大学での講義動画 (85分) は,こちら!
    → その翌週講義船体復原論動画 (92分) は,こちら!

  ⇒ 船の安定性理論の「例 題」【 日本航海学会誌 Navigation 第217号 (令和3年7月) 】
    ― 直立状態での安定条件 ― を,解説しました!《 → 内容は,こちらです... 》

   《 → 欧文 バージョン “ Theoretical Treatment on the Hydrostatic Stability of Ships
               (Part 1:) Stable Conditions for the Upright State ”
は,こちら... 》
  ⇒ 船の安定性理論の「応用例題」【 日本航海学会誌 Navigation 第218号 (令和3年10月) 】
    ― 傾斜状態での安定姿勢 ― を,解説しました!《 → 内容は,こちらです... 》

   《 → 欧文 バージョン “ Theoretical Treatment on the Hydrostatic Stability of Ships
               (Part 2:) Stable Attitude in an Inclined State ”
は,こちら... 》

【 教 育(講義に関する雑感) 〈↓下の教育レポート名をクリックすると,雑感を読むことができます!〉

    専門共通科目 としての『数値統計解析』を 担当してきて
     (長崎総合科学大学 情報科学センター 所報,No.11/2000)

【 大学院 の 講義ノート 】 〈↓それぞれの講義名をクリックすると,講義ノートを閲覧できます!〉

   ・ 船舶流体力学特論 (造波理論を学ぶための流体力学的基礎+2次元定常造波抵抗理論;Σ47ページ)
   ・ 海洋浮体工学 (浮体の動揺理論 ―2次元非定常造波理論―;Σ22ページ)
   ・ 数理科学特論B (複素関数論+変分法;Σ53ページ)

【 担 当 講 義 】 〈↓それぞれの科目名をクリックすると,Syllabus を閲覧できます!〉

大学院:) 船舶流体力学特論海洋浮体工学数理科学特論B (複素関数論 & 変分法) (試験問題)
学 部:) 浮体静力学 (試験問題)船体復原論 (試験問題)造船設計V造船設計V演習
      プログラミング基礎プログラミング中級数値計算法 (試験問題)
      工学概論 (第1回/15:数学で語る 船の波と安定性)技術倫理 (第1回/15:技術者倫理の視点)
      工学 フォーラム (船舶工学コース)プロジェクト T, U, V, WNICE キャンパス卒 業 研 究
附属高校:) 情 報(Apr. 2003 〜 Mar. 2018)
長崎純心大学 短期大学部 (保育科):) 現代情報処理T現代情報処理U (Apr. 2003〜Mar. 2005)
長崎純心大学 (人文学部 児童保育学科):) 情報処理 リテラシー情報処理中級A (Apr. 2005〜Mar. 2009)


【 マリテク 微積ゼミナール 】〈→ オフィス・アワー〉

   毎週・木曜 15:00〜16:30 / 当研究室にて開講:
   「 工学部学生 の 必須アイテム 数 学微分積分)の  を 付けてみませんか?... 」

【 船舶工学コース の HomePage 】〈↓それぞれのタイトルをクリックすると,Pdf版で閲覧できます!〉

  ・ 船舶ホームページ船舶ニュース就 職 状 況プログラム制 への 移行
  ・ 新技術創成研究所ホームページOpen Innovation Center シーズ
  ・ 研究室・紹介パネル論文共著者 (堀 愛美)

【 2022年度 (最後の) 卒業研究 】 〈→ これ迄卒 研修論テーマ〉 〈→ 学生達卒 研 室〉

   三角柱の浮心と長方形断面を有する柱状船の傾斜状態での安定姿勢に関する解析


Ship Wave's HORI Laboratory  Jewel Manami HORI of Five Stars JP

JCC-Ch. Calf Love of Twinklw Star, C.D.X.JCC-G-Ch. Ship Wave's Alps Climber
〈↑上の写真をクリックすると,それぞれの紹介記事を閲覧できます↑〉