電話サポート

ターミナルアダプタ設定方法

電話設定

ターミナルアダプタの電話機ポート(端子)に接続した電話機の設定をします。

設定値を選択・入力したあとは、[設定]→[登録]と順にクリックしてください。

※各項目の(初期値)等はお客様の回線により変更している場合があります。

電話設定の画面
基本設定
ナンバーディスプレイ利用(初期値:利用しない)

IPフォンがかかってきたときに、ナンバーディスプレイを利用するかどうかを指定します。

お知らせ
  • 加入電話(NTT等)のナンバー・ディスプレイサービスおよびIPフォンのナンバーディスプレイの機能をする場合は、ナンバー・ディスプレイ対応の電話機が必要です。
  • 加入電話(NTT等)でナンバー・ディスプレイサービスを利用する場合は、ナンバー・ディスプレイサービスのご契約が必要です。 (ここでの設定は、影響しません。)
  • IPフォンでナンバーディスプレイ機能を利用する場合は、ナンバー・ディスプレイサービスのご契約は必要ありません。
  • IPフォンとして通話中に、加入電話(NTT等)としての着信があった場合は、発信者情報(番号)が表示されません。
着信音選択(初期値:SIR)

IPフォンがかかってきたときの着信音を設定します。

IR 着信音が「1秒あり+2秒なし」を繰り返します。加入電話と同じ着信音です。
SIR 着信音が「0.3秒あり+0.3秒なし+0.3秒あり+2.1秒なし」を繰り返します。
お知らせ
  • 本機器の電話機ポートに接続した電話機側で着信音を「メロディ」に設定している場合は、「SIR」の周期で着信音が鳴らないことがあります。
    「SIR」に設定する場合には、電話機側は通常の着信音に設定してください。
  • 加入電話(NTT等)からかかってきたときの鳴り分けは可能ですが、「なりわけサービス」の設定と本機器の設定によっては、加入電話(NTT等)からかかってきたときの鳴動音とIPフォンの鳴動音が区別できない可能性があります。
拡張設定
市外局番

加入電話(NTT等)でお使いの市外局番を設定します。
ここに市外局番を設定するかどうかによって、市内へ電話をかける場合に使われる回線が変わります。

市外局番 市内へ電話をかけるとき 使用回線
設定する 市外局番をつける IPフォン
市外局番をつけない ※1
設定しない 市外局番をつける
市外局番をつけない 加入電話(NTT等)

(市内へ電話をかける場合)※1 サービス利用に対しての必須項目ではありません。

お知らせ
  • 加入電話(NTT等)へかける場合には、相手の電話番号の前に「0000」を付加してください。
    例:03-1111-2222番へ電話をかける場合
     「00000311112222」とダイヤルする。
    ※前面のターミナルアダプタランプが橙点滅することを確認してください。
  • 「市外局番」に間違った番号を設定すると、正しい発信ができなくなります。
エコーキャンセラ (初期値:使用する)

エコーキャンセラを使用するかどうかを設定します。
通常は「使用する(初期値)」のままでご使用ください。

非通知着信 (初期値:拒否しない)

非通知着信を拒否するかどうかを設定します。

お知らせ
  • ここでの非通知着信を拒否するかどうかの設定は、IPフォンへの非通知着信のみに対応しています。加入電話(NTT等)への非通知着信には、対応していません。
IPフォン発信者番号通知 (初期値:通知する)

IPフォン発信者番号を通知するかどうかを設定します。

お知らせ
  • ここでの発信者番号を通知するかどうかの設定は、IPフォンからの発信者番号のみに対応しています。加入電話(NTT等)からの発信者番号には、対応していません。
ダイヤル間隔有効時間 (初期値:4秒)

ダイヤル後、発信までの時間を設定します。
通常は「4秒」(初期値)のままでご使用ください。
設定できる値は3~10秒です。

お知らせ
  • ダイヤル中でも次のボタンを押すまでに設定値以上の時間がかかってしまうと発信してしまうのでご注意ください。
TEL-URL/SIP-URL (初期値:TEL-URL)

「TEL-URL」(初期値)のままでご使用ください。

一般電話設定
プッシュ/パルス回線選択 (初期値:自動)

プッシュ/パルス回線選択を設定します。
通常は「自動」(初期値)のままでご使用ください。

自動 プッシュ/パルス回線を自動認識します。
DP 10pps プッシュ/パルス回線をDP 10ppsにします。
DP 20pps プッシュ/パルス回線をDP 20ppsにします。
PB プッシュ/パルス回線をPBにします。
お知らせ
  • 「プッシュ/パルス回線選択」を「自動」に設定した場合は、本機器の起動時に加入電話(NTT等)の回線ダイヤル種別の自動認識を行います。
    本機器の電源を入れる前に、電話回線(モジュラージャック)と本機器の電話回線ポートが正しく接続されていることを確認してください。
  • ご使用環境によっては、「プッシュ/パルス回線選択」を「自動」に設定すると、加入電話(NTT等)の回線ダイヤル種別を正しく認識できず、加入電話(NTT等)として発信できなくなる場合があります。
    そのような場合には、「プッシュ/パルス回線選択」を、加入電話(NTT等)の回線ダイヤル種別にあわせて「DP 10pps」、「DP 20pps」、「PB」のいずれかに設定してください。
  • 本機器の電話機ポートに接続した電話機の回線ダイヤル種別も、加入電話(NTT等)の回線ダイヤル種別にあわせて設定してください。
キャッチホン利用 (初期値:利用しない)

一般電話のキャッチホンサービスを利用するかどうかを設定します。

お知らせ (一般電話のキャッチホンサービスを利用する場合)
  • 加入電話(NTT等)で、「キャッチホンサービス」を契約している必要があります。
  • 「キャッチホン利用」を「利用する」に設定してください。
    「利用しない」(初期値)になっていると、加入電話(NTT等)のキャッチホンサービスによる通話切替えができません。
フッキング時間 (上記の「キャッチホン利用」で「利用する」にチェックした場合)
  1. フッキング時間を設定します。
  2. 「1秒」または「2秒」を選択できます。
  3. 電話機にフッキングの機能ボタンがある場合は、そのボタンを押します。
  4. 電話機にフッキングの機能ボタンがない場合は、フックスイッチを軽く(「1秒」選択時は1秒以内)押して離します。
    (長い時間押すと電話が切れます。)
通話中着信通知音 (初期値:通知する)

IPフォン使用中に加入電話(NTT等)からかかってきたときに、通話中着信通知音を通知するかどうかを指定します。

一般電話自動再発信 (初期値:使用しない)

一般電話自動再発信を使用するかどうかを設定します。
IPフォンでの発信ができないときには、加入電話(NTT等)での発信となります。
その場合には、加入電話(NTT等)の利用料金が発生しますのでご了承ください。